少年法や改正のことなら!

少年法の問題点

少年法が今日のように社会的トッピックになったのは、1997年の神戸連続殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)以来といっていいでしょう。この事件以後、少年犯罪の激増・低年齢化・凶悪化しているという認識が広がりをみせたのです。


現在の少年法による少年犯罪の処遇が欧米に比べ軽すぎるので、少年犯罪が増加・凶悪化・低年齢化するのだという考えが国民の支持を得て2000年に少年法は改正されました。少年法を厳罰化することによって、少年犯罪を減少させようとしたのです。しかし、今より厳罰化すべきではないかと少年法改正が問題となっています。


しかし、少年法の厳罰化で少年犯罪は減少するのでしょうか。法務省から出版される「犯罪白書」によると少年法改正の前後で、少年犯罪の増減はほとんどありません。また、昔と比べて少年犯罪が増加したり低年齢化しているわけでは無いという統計がでています。


客観的にみると少年犯罪の激増というのはメディアの発達による副産物のようです。少年法を厳罰化しても少年犯罪数が変わらないのは、少年法という法律を知らない子供がほとんどだからです。「自分はたいして罰せられないから」と犯罪をしている状況はほとんどないのです。たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなりますが、少年の更生を真剣に考えるなら、社会復帰した少年をどう受け入れていくかという仕組みづくりを考えた少年法でなければならないと考えます。


年齢が若いから何をしても罪が軽くなるといった考えは、少しおかしいことですね。少年法のことを知らないからといって、人を殺めたりすることは罪の重さでは量ることができないはずです。少年法が厳しくないからだとかという問題ではなくもっと人間としての根本的な問題が大きくあるのではないかと思っています。少年の犯罪はインパクトを与える度合いが高いので注目されがちですが、少年であろうと大人であろうと犯罪なのです。

少年法の詳細 | Comment(1) | TrackBack(0) | 少年法

少年法について

少年法が大きな問題としてクローズアップされるようになったのは、1997年の神戸連続殺傷事件(酒鬼薔薇事件)以来といっていいでしょう。2004年に長崎県で発生した少女による同級生殺害事件も少年法改正論議に拍車をかけています。


現在の少年法による少年犯罪の処遇が欧米に比べ軽すぎるので、少年犯罪が増加・凶悪化・低年齢化するのだという考えが国民の支持を得て2000年に少年法は改正されました。少年法を厳罰化することによって、少年犯罪を減少させようとしたのです。しかし、今より厳罰化すべきではないかと少年法改正が問題となっています。


しかしながら、少年法を改正する前に、厳罰化にすると本当に少年犯罪は減少するのかを客観的に検証する必要があると思います。実は、法務省から出版される「犯罪白書」によると2000年の少年法改正で厳罰化しても、少年犯罪の増減はほとんどないという結果がでています。また、犯罪白書の報告によると、昔と比べて少年犯罪が増加・低年齢化しているわけでは無いというのがわかります。


どうも、少年法の厳罰化で少年犯罪を減少させるというのは短絡的な考えのように思われます。子供たちは、少年法のことをわかって犯罪を犯しているわけではないのです。また資料から少年犯罪の激増というのは、メディアの発達による副産物といえるようです。少年法を厳罰化をしても少年犯罪は減少しないという結果を踏まえ、犯罪を犯した少年の更生や社会復帰をどうするかという観点も考えた少年法改正でなければならないでしょう。安易な少年法の厳罰化への改正はすべきではないと考えます。


社会復帰をできるように考えられているとは到底思えないです。少年が犯罪を犯して罪を償えばそれでいいというわけではないですが、どうも犯罪を犯す前のことばかりに注目が集まっていて、犯罪を犯した後に構成した少年をどのように社会に復帰させるのかといった点がまだまだおざなりになっている気がしますね。マスコミというのは極端ですから、話題性があれば報道しますが国民の注目が無くなるとほったらかしですね。

少年法の詳細 | Comment(0) | TrackBack(0) | 少年法

少年法とは

少年法が今問題となっています。1997年の神戸連続殺傷事件(いわゆる酒鬼薔薇事件)で少年法がクローズアップされました。その後、2004年に長崎県で発生した十一歳の少女による同級生殺害事件も少年法改正論議に拍車をかけています。


今の少年法による少年犯罪の処遇がアメリカやヨーロッパ諸国に比べ軽すぎるので、少年犯罪が激増しているのだという意見が国民的な支持を得て2000年に少年法は法改正されました。少年法を厳罰化することによって、少年犯罪の増加・低年齢化・凶悪化をを防ぐことができるだろうと考えられたのです。さらに、一層の厳罰化への少年法改正案がいま問題となっています。


ただ、少年法の厳罰化で少年犯罪は減少するのでしょうか。客観的に考える必要があります。法務省から出版される「犯罪白書」によると少年法改正の前後で、少年犯罪の増減はほとんどないのです。また、昔と比べて少年犯罪が増加したり低年齢化しているわけでは無いという統計結果がでているのです。


どうやら、少年法の厳罰化で少年犯罪は減少するわけでは無いようです。また、少年犯罪の激増というのはメディアの発達が理由の1つのようです。たしかに、厳罰化は被害者感情には沿ったものとなります。しかし、犯罪を犯した少年の更生を真剣に考えるなら、社会復帰した少年をどう受け入れていくかという仕組みづくりも考えた少年法改正でなければならないと考えます。


マスコミの過剰報道も一つの問題であるとは思います。少年法が改正されたからといって安心できないのはデータからもわかりますね。もちろん問題性がある話題をニュースなどで報道するのがマスコミの務めであると思いますが、いろんな報道がなされることによって間違った解釈をしてしまう少年がでてくるというのも事実だと思います。ニュースなどは物事を一つの方向からしか説明しないので物事の裏を考えることができない子供にとってはそれがすべてとなってしまいますからね。

少年法の詳細 | Comment(0) | TrackBack(0) | 少年法